代表あいさつ

 
 

社は、明治43年(1910年)に奈良から東京に出てきた初代西林長二郎が、東京深川木場で銘木業、製材業として、西林長二郎商店として創業しました。

以来、昭和22年(1947年)には、株式会社化し二代目西林長太郎が社業を伸ばし、昭和45年(1970年)に現在の株式会社 西林 に商号変更し、海外に工場を持ち、希少性のある物を商品化して、時代にあった商品をお客様に提供し、更に木材業を発展させました。

昭和50年代(1975年以降)に入ると、木場から新木場への移転が始まり、昭和55年(1980年)に三代目西林圀彦が社長に就任すると、世界的な森林破壊による自然保護への取り組みが進み、木材業界としては危機的な状況になり、平成元年(1989年)以降木材業以外での事業の多角化が急務になりました。そこで、木材に関連した宗教用具の開発、遊休不動産を活用し木場にビルを建て不動産業に進出、倉庫もリノベーションし美術品のギャラリーを開店としました。

平成19年(2007年)の姉歯事件による建築基準法改正に伴った着工件数の大幅減、更に、平成20年(2008年)のリーマンショックによる、さらなる着工減も加わり、事業経営の見直しを進めることになりました。平成22年(2010年)に四代目西林長太郎(二代目の孫)が就任すると事業の合理化を進め、海外工場の閉鎖、長期在庫の大幅削減、美術事業の撤退とスリム化を進めることが出来ました。
木材業も、環境に優しい植林木(持続可能性のある木)を中心とした商品の仕入れに換え、時代の変化に対応し、且つ、履歴の分かる合法木材製品の扱い量を増やし、社会に属する企業として将来に向けて邁進していきます。

今後とも、関係各位には変わらぬご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

株式会社西林 代表取締役
西林長太郎